Apple Cardの入手方法や使用店舗は?日本ではいつから使える?

スポンサーリンク

Appleがクレジットカードを発表しました。その名も「Apple Card(アップルカード)」です。

初のクレジットカードにAppleファンからは歓喜の声が聞こえてきます。

 

普通のクレジットカードとは少し違うらしいですね。

「簡単に発行出来る」みたいなことが記載されていたのが印象に残っています。

それとデザインのセンスの良さが光っているとネット上で話題になっています。

果たして、「Apple Card(アップルカード)」とはどういったクレジットカードなのか、気になることづくしです。

 

特に私が気になったことが、「Apple Card(アップルカード)」の入手方法と使用出来る店舗です。

「簡単に発行出来る」が強く印象に残っていて、どんな手続きをすれば「Apple Card(アップルカード)」を手に入れることが出来るのか。

それと、使用出来る店舗もクレジットカードとして重要になってくる部分だと思います。手に入れても、実際に使えなければ意味がありませんからね。(デザインの良さでただ単に欲しくなりますが)



「Apple Card(アップルカード)」が発表され、利用出来るようになっても日本で対応していない可能性も考えられます。

いつから日本にて使えるようになるのでしょうか。

 

今回は「Apple Cardの入手方法や使用店舗は?日本ではいつから使える?」と題して調べていこうと思います。

情報が現在少ないため、不十分かもしれませんが随時更新してきますね。

 

スポンサーリンク

Apple Cardの入手方法や使用店舗は?

Apple初となる、クレジットカードですが、どのような入手方法になるのでしょうか。

調べてみたところ、特徴として挙げられたのはiPhoneから簡単に発行ができるいうことです。

今回の「Apple Card(アップルカード)」はGoldman Sachs(ゴールドマン・サックス)およびMastercardとの提携カードで、Apple Payを使った決済が全世界で可能になります。そのほかに、チタン製の物理カードによる決済も可能だそうです。

 

「Apple Card(アップルカード)」を入手方法として、iPhone内「Wallet」アプリから申し込みが考えられます。

デバイスごとにカード番号が発行されて、申し込みをしてから数分後にApple Payの端末内決済と非接触決済での使用が可能になります。

決算にはTouch IDまたはFace IDによる認証が必要になってきます。決算ごとにセキュリティーコードも発行されるので、安心で安全に使用出来るようになっています。

 

これで、よし!となりますが、非接触決済はMastercard加盟店での利用になるために対応していない店舗が出てきます。

こんなときに解決してくれるのが・・・チタン製の物理カードですね。

このカードにはクレジットカードの概念を変える特徴が、それはカード番号、有効期限やセキュリティコードの表記、サインパネルが無いことです。

接触ICを使った暗証番号取引のみの対応になっています。データを暗号化するため、内部データが改ざんされるリスクも低くなります。

接触ICには非接触型もあり、想像しやすいのはSuicaですね。読み取り機から発生している磁界にカードをかざすと、データの通信が開始されます。

 

もう一つ、アップルカードの特徴としては、カード履歴にて利用した場所や時間がアプリで確認することが出来ることです。

どこでいつ、使ったのか分かりづらいことが多いので助かりますよね。また、自動でラベル分けされるので、どんなことに決算したのか把握出来るようになっています。

 

Apple Cardは日本ではいつから使える?

果たして、日本ではいつから使えるようになるのでしょうか。

2019年3月25日に発表された内容をみてみると、2019年夏にアメリカでサービスを開始することが分かりました。

日本には米国と同じ時期にはApple Cardは導入されないんですね。

調べてみたところ、日本でのサービスは現状では未定とのことです。

 

参考までにApple Payがサービス開始された各国の状況をみてみます。

1番初めにサービスが開始されたのは2014年10月20日でアメリカです。

そのあとに、イギリスやカナダ、オーストラリアにてサービスが開始されました。

 

気になる日本はというと・・・サービス開始がされたのは2016年10月25日のことでした。

まさかのアメリカでサービス開始されてから2年後に日本で使えるようになっていました。

 

となると、「Apple Card(アップルカード)」が日本に上陸するのは2020年後半〜2021年頃になるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は「Apple Card(アップルカード)」の入手方法と使用できる店舗について調べてみました。

iPhone内のアプリから手に入れられることが分かりました。チタン製の物理カードもかっこよくて欲しいですね。

 

しかし、「Apple Card(アップルカード)」が日本で使えるようになるのはまだ先のことになると思います。

Apple Payのサービス時期をみてみると、アメリカで開始されてから約2年後に日本で使えるようになっています。

 

今後、どのようになるのか状況をおって随時更新していきますね。

スポンサーリンク