音楽

flumpoolライブ2019チケット当選倍率や確率は?FC先行や一般発売は?

flumpoolが2019年1月13日に活動を再開したと同時に全国ホールツアーを開催すると発表がありました。

2017年12月より、ボーカル山村隆太の「歌唱時機能性発声障害」の病気療養で活動を休止していましたがいよいよ復活です!地元大阪でのゲリラライブでは多くのファンに迎えられ再始動いたしました。

原点でのストリートライブにはメンバーやファンの様々な思いがあったと思います。

 

全国ホールツアーの開催が決定したことによって、チケットの当選倍率や確率が気になるところですね!

かなりの倍率が予想出来ますが、全国ホールツアーの前に2月からファンクラブツアーがあることも忘れてはなりません。

ファンクラブツアーの倍率も物凄いことになりそうです。

そこで今回は、2月から始まるファンクラブツアーと5月から始まる全国ホールツアーのチケット当選倍率や確率を調べていきます。

 

flumpool2019年ライブの申し込み方法に関しても、FC(ファンクラブ)先行はいつからなのか、一般発売はいつになるのか含めて調べていきます。

 

flumpoolライブ2019の日程

flumpoolがファンクラブツアー開催と全国ホールツアー開催を発表した際には驚きましたよね。5月にはシングルリリースもする予定ということでレコーディングも行なっているそうです。

では、flumpoolライブ2019の日程をみていきます。

ファンクラブツアーflumpool FAN MEETING FM SAKAI 2019~」

2/28(木)東京:Zepp Tokyo

3/2(土)石川:金沢Eight Hall

3/6(水)広島:広島クラブクアトロ

3/11(月)北海道:PENNY LANE24

3/16(土)福岡:DRUM LOGOS

3/20(水)宮城:仙台Rensa

3/29(金)大阪:Zepp Osaka Bayside

3/30(土)愛知:Zepp Nagoya

flumpool 2019年全国ホールツアー

5/4(土・祝)広島:広島上野学園ホール

5/5(日・祝)鳥取:米子市公会堂

5/11(土)三重:NTNシティホール(桑名市民会館)

5/12(日)福井:福井市文化会館

5/22(水)東京:東京国際フォーラム ホールA

5/25(土)静岡:静岡市民文化会館大ホール

6/2(日)新潟:新潟県民会館大ホール

6/28(金)群馬:ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール

7/6(土)岡山:倉敷市民会館

7/7(日)愛媛:松山市民会館大ホール

7/12(金)兵庫:神戸国際会館こくさいホール

7/14(日)奈良:なら100年会館大ホール

7/20(土)福岡:福岡サンパレスホテル&ホール コンサートホール

8/8(木)大阪:フェスティバルホール

8/9(金)大阪:フェスティバルホール

8/17(土)宮城:仙台サンプラザホール

8/18 (日)福島:けんしん郡山文化センター 大ホール

8/24(土)長野:長野市芸術館メインホール

8/25(日)茨城:茨城県立県民文化センター 大ホール

8/31(土)愛知:名古屋国際会議場・センチュリーホール

9/20(金)北海道:わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)

9/28(土)神奈川:パシフィコ横浜 国立大ホール

ファンクラブツアーでは全8公演、全国ホールツアーでは全21公演が開催されます。

 

flumpoolライブ2019チケット当選倍率や確率は?

flumpoolの2019年ライブのチケット当選倍率や確率を調べていこうと思います。各会場の収容人数を調べていきます。

flumpool FAN MEETING FM SAKAI 2019~」

東京:Zepp Tokyo 収容人数2,709人

石川:金沢Eight Hall 収容人数500人

広島:広島クラブクアトロ 収容人数800人

北海道:PENNY LANE24 収容人数500人

福岡:DRUM LOGOS 収容人数1,000人

宮城:仙台Rensa 収容人数 700人

大阪:Zepp Osaka Bayside 収容人数 2,801人

愛知:Zepp Nagoya 収容人数1,792人

flumpool 2019年全国ホールツアー

広島:広島上野学園ホール 収容人数1,730人

鳥取:米子市公会堂 収容人数1,120人

三重:NTNシティホール(桑名市民会館) 収容人数1,388人

福井:福井市文化会館 収容人数1,162人 

東京:東京国際フォーラム ホール収容人数 5,012人

静岡:静岡市民文化会館大ホール 収容人数1,968人

新潟:新潟県民会館大ホール 収容人数1,730人

群馬:ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール 収容人数2,221人

岡山:倉敷市民会館 収容人数1,974人

愛媛:松山市民会館大ホール 収容人数1,999人

兵庫:神戸国際会館こくさいホール 収容人数2,112人

奈良:なら100年会館大ホール 収容人数1,476人

福岡:福岡サンパレスホテル&ホール コンサートホール 収容人数2,316人

大阪:フェスティバルホール 収容人数2,700人

大阪:フェスティバルホール 収容人数2,700人

宮城:仙台サンプラザホール 収容人数 2,054人

福島:けんしん郡山文化センター 大ホール 収容人数2,004人

長野:長野市芸術館メインホール 収容人数1,292人

茨城:茨城県立県民文化センター 大ホール 収容人数1,514人

名古屋国際会議場・センチュリーホール 収容人数3,000人

わくわくホリデーホール(札幌市民ホール) 収容人数1,500人

パシフィコ横浜 国立大ホール 収容人数5,000人

ファンクラブツアーの総動員数は約10,802人になります。

全国ホールツアーの総動員数は約46,609人になります。

※収容人数はライブ演出上誤差が生じる場合があります。

 

ファンクラブの会員数は正確には分かりませんが、仮に少なく見積もって5万人がファンクラブツアーに応募があったとします。

すると、単純計算すると

50,000人÷10,802=4,6倍になります。各会場ごとに異なります。

 

もっともファンクラブツアーでチケット当選倍率が高くなると言われているのが2019年2月28日(木)東京:Zepp Tokyoです。ファンクラブツアーの初日になります。

初日というのが肝で、セトリやグッズ情報が出ていないからこそファンの方は必ずいきたいと思うはずです。当選倍率は10倍を超えるかもしれません。

 

全国ホールツアーの方はファンクラブに入ってる方は高い確率でチケットが当選するのではないかと予想しています。全国ホールツアーということで地元に近いライブ会場に行くと思うので、上手く分散するのではないかと思います。

flumpoolの地元大阪では2日間の開催が決定していますので、チケット当選確率も高いと思います。

 

flumpoolライブ2019チケットのFC先行や一般発売は?

「flumpool FAN MEETING ~FM SAKAI 2019~」ファンクラブツアー

INTERROBANG会員にみ申し込めるようになっています。

チケット先行受付】
■INTERROBANG年会費会員(抽選)
エントリー期間:1月14日(月・祝)13:00~1月20日(日)18:00
当落・入金期間:1月24日(木)15:00~1月29日(火)20:00

INTERROBANGライト会員(抽選)
エントリー期間:1月23日(水)13:00~1月27日(日)18:00
当落・入金期間:1月31日(木)15:00~2月4日(月)20:00

料金¥6,500(税込)+ドリンク代500円(広島公演のみアルコール類+100円)

 

全国ホールツアー

INTERROBANG会員(年会費・ライト)

先行受付:2月上旬予定

チケット一般発売日:
5月、6月、7月公演 4月13日(土)午前10:00
8月、9月公演 7月13日(土)午前10:00

4歳以上 チケット必要 / 3歳以下 入場不可

料金:6,500円

 

まとめ

活動再開されたflumpoolですが、ファンクラブツアーと全国ホールツアー合わせて全29公演とハードな日程になっています。

flumpoolの各メンバーの体調が少し不安ですね・・・

チケット当選倍率に関しては全国ホールツアーは比較的にファンクラブに入っていれば当選しやすいのではないかと予想しています。

しかし、ファンクラブツアーに関してはかなりのチケット当選倍率が高くなると予想出来ます。初日が一番行きたいですが、かなりの競合になると思いますので注意が必要ですね!