神僕の歌うときやライブ中は仮面付き?顔出しやライブ演出はどうなる?

スポンサーリンク

「神様、僕は気づいてしまった」というロックバンドは全員が仮面を被っており、素顔を出さないスタイルが特徴的ですね!

MVでも仮面を外すことなく、まさに謎に包まれているバンドです。

 

しかしながらフェスに参加していることもあり、「ライブ中どうなってるんだろう」と頭に浮かんだ方も多いですよね。

特にボーカルの歌う時に注目してほしいです。仮面を付けたまま歌うことは声がこもってしまい、ライブには不向きと思います。

 

「神様、僕は気づいてしまった」は2017年にメジャーシングル「CQCQ」の発売から急激に注目を集めました。

様々な主題歌に楽曲が起用されており、今後も間違えなく人気が出てくると思います。

 

そして、ライブを行う機会が多くなり、トレンドマークである仮面は外してライブを行うのか気になりますよね。

ライブの顔出しやライブ演出はどうなるんでしょうか。

今回は「神僕の歌うときやライブ中は仮面付き?顔出しやライブ演出はどうなる?」と題して、色々と調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

神僕の歌うときやライブ中は仮面付き?

「神様、僕は気づいてしまった」の歌うときライブ中は仮面はどうなっているんでしょうか。

 

過去のライブを調べてみると、サマーソニックやカウントダウンジャパンのフェスに出演していることが分かりました。

そして、サマーソニック2018年の際に出演して披露した楽曲CQCQ」のライブ映像も公開されていました。

ライブ映像を見ていると、仮面を付けながらライブを行なっていることが分かります。

「神様、僕は気づいてしまった」のメンバー全員が仮面を付けてライブをしているんですね!

 

仮面でイメージが思い浮かびやすいのが、狼の被り物をしているマンウィズだと思います。

ボーカル2人とも、仮面の下は歌いやすく黒塗りになっています。

ライブ中の映像を見てみると、ボーカルの口元だけが映らないようになっています。

 

「神様、僕は気づいてしまった」のライブにはメンバーと観客との間に垂れ幕が掛かっているのが分かると思います、

より、ライブ演出を出させるのと観客からメンバーの表情を見せないためだと思われます。

 

ボーカルの仮面はどうなっているのか詳しくみてみました。

普段被っている仮面とは少し違いますね!仮面の下はマスクのような物を被っているのが分かります。

口元がどうなっているのかはライブ映像からは見ることが出来なかったです。

また、サマーソニック2018に参戦していた方も、垂れ幕にレーザーが当てられたりと演出により詳しくは見ることは出来なかったと思います。

 

神僕の顔出しやライブ演出はどうなる?

「神様、僕は気づいてしまった」の顔出しはあるのでしょうか。

顔出しは今後も含め無いと思われます。

 

メンバーの詳細も明かされておらず、ギターの東野へいとは楽曲を伝搬するにあたり邪魔になる表情を隠す意図があると仮面について語っていました。

正体を隠しているわけではないが、自分たちの表情を隠しているとはどういうことなのでしょうか。

たとえばボーカルがすごく辛そうに歌ったら、どうしてもその表情が歌詞に乗ってしまう。僕は曲を作るうえで、歌詞も含めてシステマティックに積み上げていくことが好きなので、聴く人にちゃんと伝えるためには、表情が邪魔になってしまうんですよ。楽曲をきちんと伝搬するにあたり、ノイズを乗せないという意味で、無機質でつるっとしたマスクをしているんです。

引用:https://www.oricon.co.jp/special/50018/

システマティックという言葉はあまり音楽では聞かないような気がしますね・・・

「体系的な」「組織的な」「計画性のある」の意味はあると調べると出てきました。

 

ライブ演出ですが、「神様、僕は気づいてしまった」のワンマンライブも決まり、ますます気になりますよね。

メンバーと観客の間には垂れ幕があり、仮面もしていると思います。

 

その垂れ幕こそがライブ演出をする上で欠かせないものだとチェックしています。

他のアーティストの場合、メンバーの後ろにモニターがあって、そこで様々な演出が行われると思います。

 

しかし、「神様、僕は気づいてしまった」の場合だと、メンバーの前に垂れ幕があることで、より特別なライブ演出を出すことが出来ると思います。

実際に上記のライブ映像をみてみると、迫力感や疾走感が上手くライブ演出でされており、メンバーを多く写す他のアーティストとは違いますよね!

 

まとめ

今回は「神様、僕は気づいてしまった」はライブ中に仮面は付けているのか、歌うときはどうしているのかについて調べてみました。

 

結論はライブ中にも仮面は付けていました。

しかし、普段のMVで見られる仮面ではなく、少し口元が空いている仮面になっていることが分かりました。

仮面の下にはマスクを着用していて、歌っている口元まではライブ映像でも見ることは出来ませんでした。

 

顔出しについては今後も含め無いと思います。

表情を隠している意味が仮面には込められているので、楽曲で私達は楽しませてもらいましょう!

ライブ演出については、メンバーと観客との間に垂れ幕があるので、そこも演出のひとつとしてどう見せていくかだと思います。

 

今後もどんな楽曲を披露してくれるのか楽しみですね!

スポンサーリンク