平成31年貨幣セット抽選倍率や当選確率は?再販や当落結果はいつ?

スポンサーリンク

平成31年貨幣セットが2019年1月10日から販売が開始されました。

平成最後ということで「平成31年」が刻まれた貨幣セットには申し込みが多数寄せられていて、入手困難になりつつあります。

 

あまりの申込数のため、初めての抽選販売になる可能性が高いと言われています。

平成31年貨幣セットの受付期間は1月10日〜30日までですが、16日現在で予定数量を大幅に上回る3万セットを超える申し込みがありました。

 

もし、抽選になった場合、当選倍率はすごいことになると思います。抽選倍率はどれぐらいなのか、当選する確率は、どのようになっているのか調べていきたいと思います。

 

抽選になった場合、手に入れることが出来ない方が多くいると思います。売り切れになった場合、再販売はあるのかないのか調べていきます。

そして、抽選になった場合に当落結果はいつになるのか調べていきます。

平成最後の貨幣セットになりますので記念に入手したいですよね!

 

スポンサーリンク

平成31年貨幣セットとは?

平成31年貨幣セットは、平成31年銘の500円から1円までの6種類のプルーフ貨幣と純銅製年銘板(製造年入りのメダル)1枚を特製革ケースに収納されています。

2種類が1月10日〜30日まで販売がされています。1つずつ紹介していきます。

 

平成31年銘通常プルーフ貨幣セット〔年銘板(有)〕

販売価格:7,714円

平成31年銘の5百円から1円までの6種類のプルーフ貨幣と純銅製年銘板1枚を特製革ケースに組み込んだ貨幣セットになっています。

 

平成31年銘通常プルーフ貨幣セット〔年銘板(無)〕

販売価格: 7,560 円

平成31年銘の5百円から1円までの6種類のプルーフ貨幣を特製革ケースに組み込んだ貨幣セットになっています。

プルーフ貨幣とは何か?

特殊な技術を用いて表面を光沢させ、模様を鮮明に浮き出させた貨幣のことを指します。

 

平成31年貨幣セット抽選倍率や当選確率は?

販売予定数を大幅に超える申し込みがあり、抽選になるとのニュースになりましたね!

 

上記で紹介させて頂いた、平成31年銘通常プルーフ貨幣セット(年銘板有)と平成31年銘通常プルーフ貨幣セット(年銘板無)があるわけですが、販売予定数量は2種類とも30,000セットになっています。

公式ホームページには、

※お申込み数量が販売予定数量を大幅に超えたときは、抽選とさせていただく場合があります。

との記載もされています。

 

しかし、2019年1月16日現在で予定数量の3万セットを超える申し込みがあるとのニュースが出ましたので抽選になる可能性が高いです。

 

もし、抽選になった場合にも抽選倍率はどのようになるのでしょうか。

16日現在で3万セットを超える申し込みがあると発表されていたので、30日までは単純計算で約10万セットぐらいは申し込みがあるのではないかと考えられます。

しかし、ニュースに取り上げられたことで、平成31年貨幣セットを知らなかった人や興味を持ち始めた人は多くいると思います。

 

なので、約12万セットの申し込みがあるのではないでしょうか。

2種類、平成31年貨幣セットがあるわけですが、人気なのは平成31年銘通常プルーフ貨幣セット(年銘板有)の方だと思います。

価格的にも年銘板の有無ではあまり変わらず、どうせ買うなら有の方を購入する人がほとんどだと思います。

 

もしも、約12万セットの申し込みがあった場合、予定数量は3万セットですので、

12万÷3万=4

となり、抽選倍率はまさかの4倍になる可能性が出てきます。

当選確率だと、4人に1人が当選することになります。

 

抽選になってしまうと、かなりの運頼みになってしまいそうです。平成31年貨幣セットの転売が行われる可能性がありますので、高価な額がかけられてしまう恐れが出てきます。

 

平成31年貨幣セット再販や当落結果はいつ?

今回の機会に、平成31年貨幣セットを手に入れることが出来なかった人達のためは再販はあるのか調べていきます。

再販に関しての情報は入り次第更新していきます。

 

販売に関しては平成31年1月10日(木)から1月30日(水)になっています。

申し込み方法は、ハガキかオンラインショップになっています。

受け付けた方への連絡は平成31年1月下旬頃から順次送付することになっていることから、抽選になった場合の当落結果ともいえます。

どちらにせよ、1月下旬になり次第状況が分かりますので、追記していきます。

 

まとめ

平成31年貨幣セットの人気はニュースに取り上げられたことで注目され、抽選になる可能性が高いです。かなりの抽選倍率が予想されます。

平成最後ということで例年以上に平成31年貨幣セットを手に入れたい人は多いですよね。

抽選になった場合には、抽選倍率は4倍近くにもなり、当選確率は4人に1人にもなると思います。

再販の情報は現在は出ていませんが、もしかしたら人気のあまりに行われる可能性も出てくると思います。

もし、抽選の場合の当落結果は1月下旬には順次に連絡がされると思います。

スポンサーリンク