モンストブリーチ卍解くじの答えをネタバレ!キーワードはなに?

スポンサーリンク

モンストが大人気漫画「ブリーチ」とのコラボをすることが分かりました。

そこで今回はコラボ企画の「キーワードを探せ!ハズレなしの超卍解くじ」の答えのネタバレについて調べていきたいと思います。

 

内容は、あるキーワードを探して、ゲーム内で入力してプレゼントが貰えるという、お得なイベントになっています。

しかし、それには”あるキーワード”が必要になってきます。

 

キーワードについては、キャンペーン公式Twitterで公開される動画やXFLAG YouTubeチャンネルのTVCM等のコラボに関連する動画に入ってるとのことでした。

と、いうことで今回はモンストブリーチの「卍解くじ」の答えのネタバレに迫っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

モンストブリーチ卍解くじの開催期間や参加方法

そこでは開催期間についてご説明させていただきます。

<キーワードを探す期間>
4月25日16時~5月10日3時59分

<キーワードを入力する期間>
5月2日12時~5月10日3時59分

探す期間と入力する期間は異なるようですね。

 

参加方法については、モンストブリーチの特設サイトにて説明がありましたので参照させていただきます。

引用:https://www.monster-strike.com/promotion/bleach/?utm_campaign=bleach2019&utm_source=share

 

<抽選結果>
キーワードを入力すると、その場で結果が表示されます。
当選商品の案内やゲーム内アイテムは受け取りBOXに送られるそうです。

<賞品>
①食欲卍解賞! 高級お肉1年分
②霊圧卍解賞! 世界パワースポットめぐりの旅(1組2名様)
③筋力卍解賞! キャラクター応援ボイス付き!簡単筋トレグッズ
④財力卍解賞! ギフトコード3,000円分※「App Store & iTunes ギフトカード(デジタルコード)」または「Google Play ギフトコード」になります。
⑤ゲーム内アイテム賞! トク玉
⑥ゲーム内アイテム賞! 獣竜玉
⑦ゲーム内アイテム賞! フエ~ルビスケット
⑧ゲーム内アイテム賞! スタミナミン
⑨ゲーム内アイテム賞! コンテニュミン

ハズレなしの卍解くじになっていますので参加するだけしてみてはいかがでしょうか。

 

モンストブリーチ卍解くじの答えをネタバレ!キーワードはなに?

冒頭でご説明させていただいたように、キーワードはTwitterキャンペーンの動画やコラボCM等に隠されています。

全部でキーワードは9個あり、全てひらがなになっています。

 

また、キーワードの入力については「キーワードの入力には1日で20回まの制限があります。1日で20回を超える正解・不正解キーワードを入力した場合、その日はキーワード入力ができなくなりますのでご注意ください。」と公式サイトに記載されていました。

 

キーワードは9個あるとのことなので徐々に答えのネタバレに迫っていきますね!

キーワード 関連動画
1 ざんぱくとう モンストニュース2019年4月25日にて
2 てんさざんげつ 公式ツイートにて2019年4月27日
3 そでのしらゆき 公式ツイートいて2019年4月28日
4 ぶりいち コラボCMにて2019年4月29日
5 ひょうりんまる 公式ツイートにて2019年4月29日
6 きょうかすいげつ 公式ツイートにて2019年4月30日
7 せんぼんざくらかげよし 公式ツイートにて2019年5月1日
8 ばんかい モンストブリーチCMにて
9 そうるそさえてぃ CMメイキング映像
レア れいわはつこらぼ CMのプレイ動画にて

 

モンストとブリーチのコラボ記念を祝して、コミック1巻〜3巻まで公式サイトにて無料公開されています。

 

しかし、私はどちらかといったらアニメ派です。笑

「U-NEXT」では、ブリーチのアニメが1話〜109話まで視聴することが可能です。

それも31日間無料という・・・ゴールデンウィークは長いので私は全話見ようかと意気込んでいます。笑

 

コミックで物足りない方はアニメも見てみてくださいね!

 

まとめ

今回は「モンストブリーチ卍解くじの答えをネタバレ!キーワードはなに?」というタイトルでお送りさせていただきました。

いよいよ、ブリーチとモンストのコラボですか・・・!

ブリーチのキャラクターと、また出会える機会があり原作ファンとしては嬉しい限りです。

今後どのようなブリーチの関連キーワードが答えになってくるのでしょうか。

 

予想するだけでも楽しいですよね。全部で9個になりますので、モンストユーザーの皆さんも原作を振り返り、また読み始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク