還付金2019振込はいつから?最短は?確定申告はいつまで?必要書類は

スポンサーリンク

還付金がいつに振り込まれるのか疑問に思いますよね。

そもそも、還付金とは所得税の支払い過ぎなどに理由で納税者に返還する税額のことを指すそうです!

近年だと、副業解禁や働き改革で確定申告をする必要が出てきた方も多くなってきましたね。

 

そこで今回は、2019年の還付金の振込はいつからされるのか、調べていきます。

還付金の最短の振込はいつになるのでしょうか。

 

所得税はその年の確定申告の期間内に納める必要があります。

忘れていないと思いますが、確定申告には期間がありますので確認の意味を込めてまとめてきますね!

よく質問でみますが、確定申告の書類は何が必要なのかも調べていきます。

 

スポンサーリンク

還付金2019振込はいつから?最短は?

申告書の記載内容や添付資料の審査により、処理に時間がかかってしまう場合があります。

還付金は確定申告をして1ヶ月から1ヶ月半後に振り込まれるのが一般的です。

申請時期 振込時期
2月中旬 3月中旬〜下旬
3月上旬 4月上旬〜4月中旬
3月中旬 4月中旬〜下旬

あくまでも目安ですので混雑状況によって変わる場合があります。

 

国税庁のホームページによると、e-Tax(電子申告)で提出された還付申告は3週間程度で処理をしていると記載されていました。

しかし、e-Tax(電子申告)を1月・2月に提出された場合は、2~3週間程度で処理していますとの記載されていました。

 

遅くなればなるほど混み合ってしまい還付金の振込が遅くなるということになります。

 

申告が始まった際はすぐにやったほうが人も少なく最短で振込がされると思います。

2019年以降に申告をするときは気をつけてみてはいかがでしょうか!

 

確定申告はいつまで?必要書類は

確定申告の期間は2月16日〜3月15日までとなっています。

 

期限が過ぎても確定申告の受付はしてくれますが、延滞税や無申告加算税を課される場合があります。

遅れれば遅れるほどに追加で納める罰則金が増えてしまいますので注意が必要ですね!

税務署は最大7年前まで納税調査を行うことが出来ますので・・・

 

確定申告に必要な書類ですが、国税庁の公式ホームページではこのように記載されています。

確定申告会場で電子申告をされたことのある方

  • 1利用者識別番号を取得した際に交付された「利用者識別番号等の通知」(利用者識別番号及び暗証番号の記載がある書類)
  • 2上記1がない場合は、事前に税務署から送付されたはがきなどで「利用者識別番号が分かる書類」

昨年分の確定申告をされている方

  • 昨年分の申告書等の控え

マイナンバーカードをお持ちの方

  • <番号確認書類・身元確認書類>マイナンバーカード(写しによる確認の場合は、表面及び裏面の写しが必要)

マイナンバーカードをお持ちでない方

  • 1<番号確認書類>通知カードやマイナンバーの記載のある住民票の写し等のうちいずれか1つ
  • 2<身元確認書類>運転免許証、公的医療保険の被保険者証、パスポート、在留カード等のうちいずれか1つ

扶養している者や事業専従者がいる方

  • その者のマイナンバーが分かるもの

税金の還付を受ける申告をされる方

  • 申告される方名義の預貯金口座番号が分かるもの

全員

  • 印鑑

引用:https://www.nta.go.jp/about/organization/kantoshinetsu/topics/kakutei/01.htm

 

まとめ

今回は還付金2019はいつに振り込まれるのか調べてみました。

国税庁のホームページによると、申告してから1ヶ月から1ヶ月半に振り込まれるそうです。

しかし、期限内でも遅くなればなるほど振込も遅くなるらしいです。

早めに欲しい方は受付直後に確定申告をすると早めに手に入るとのこともあります!

なんでも出来るなら早めに申告を済ませておくのがおすすめですね!

スポンサーリンク