指原莉乃の卒業コンサートチケット落選倍率や確率は?当落結果も!

スポンサーリンク

指原莉乃がグループから卒業することを発表しましたね。

いつかは誰しもに卒業するときがやってくるのですが、このタイミングの発表にファンや各業界からも驚きの声が挙がりました。

 

発表されたのは2018年12月15日のHKT単独コンサートのアンコール途中でした。

アイドル業界を引っ張ってきた指原莉乃の卒業によりAKB48グループ内の変化や成長が試される時だと思います。

 

2018年は乃木坂46西野七瀬やNMB48山本彩が卒業発表してアイドルグループのエース達の溝を埋めるためにメンバーの成長が求められますよね。

そんなメンバー達が卒業コンサートを開催するのですがチケットの入手が困難になっています。

 

指原莉乃の卒業コンサートも決定しており、AKBグループのファンならば絶対に行きたいコンサートですよね。

卒業コンサートには多くの応募数があり、落選する方の声が絶えないです・・・。

本当にどんだけの倍率と確率なんだよと肩を落とすファンも多くいらっしゃると思います。

 

そこで今回は指原莉乃の卒業コンサートのチケット落選倍率と確率に関してまとめていたいと思います。

当落結果に関しても随時更新していきます。

 

スポンサーリンク

指原莉乃の卒業コンサート詳細


指原莉乃は2018年12月15日にHKT48の単独コンサートのアンコール途中で卒業を発表しました。

「私、指原莉乃はHKT46を卒業します」と報告すると観客とメンバー達からは驚きの声が挙がっていました。

 

何年も前から卒業に関しては考えて決めていたそうです。

 

それと同時に2019年4月28日に横浜スタジアムで「指原莉乃卒業コンサート」の開催を、また2019年5月28日にマリンメッセ福岡で「指原莉乃11年ありがとう!大感謝祭」の開催が決定しました。

2019年4月28日 指原莉乃卒業コンサート 横浜スタジアム

2019年5月28日 指原莉乃11年ありがとう!大感謝祭 マリンメッセ福岡

 

指原莉乃の卒業コンサートチケット落選倍率や確率は?

指原莉乃の卒業コンサートのチケット落選倍率や確率をみていきたいと思います。

まずは各会場の収容人数を調べていきます。

 

横浜スタジアムの収容人数は30,730人になっています。

横浜スタジアムではKinKi KidsやTUBEなどの人気アーティストがライブをやっていますね!

 

マリンメッセ福岡の収容人数は約15,000人になっています。

マリンメッセ福岡では最近だと三浦大知や米津玄師など今後間違えなく音楽業界を引っ張っていくアーティストがライブを行っています。

 

指原莉乃はアイドル活動の他にバラエティ番組などでは進行役を任され、知名度や人気度はグループ内では一番といっても過言ではありません!

そんな指原莉乃の卒業コンサートにはグループ史上最多の応募数があるのではないかという噂もあります。

 

乃木坂46の西野七瀬の卒業コンサートには応募数50万もの応募があったことが分かりました。

指原莉乃の卒業コンサートにはそれ以上の応募があると考えられます。

 

仮に多く見積もって、応募数70万と予想して計算してみたいと思います。

横浜スタジアムの場合、700,000(応募数)÷30,730人(収容人数)=22.7倍にもなることが考えられます。

当選倍率は約23倍にもなります。

23人に1人が当選することになりますので、23人中22人は落選することになってしまいます。

 

マリンメッセ福岡の場合、横浜スタジアムよりも応募数は少なくなると仮定して、50万の応募数があると考え計算していきます。

500,000(応募数)÷15,000人(収容人数)=33倍

当選倍率は33倍にもなります。

応募数が少なくなっても会場の収容人数によって変わってくるので注意が必要ですね!

33人中32人は落選することになります。

 

かなりの方が落選する形になっており、チケットを入手出来た方は相当の運の持ち主だと思います。

 

指原莉乃の卒業コンサートチケット当落結果は?

チケットの当選や落選に関してのネット上の反応をみていきたいと思います。

上記の落選に関してですが、多くの方が落選すると予想してみました。

まとめ

今回は指原莉乃の卒業コンサートのチケット落選倍率や確率に関してまとめていきました。

落選倍率や確率は想像だけでもかなりの数字になることが予想されます。

そんな中でチケット当選した方は強運の持ち主ですね!

卒業後、どのような活動をしていくのかファンに伝えてくれる言葉とはなにか・・・。気になることが沢山ありますね!

スポンサーリンク