天気の子の本田翼の演技(声優)は下手?上手い?夏美の名セリフシーン!

スポンサーリンク

本田翼が新海誠監督の最新作「天気の子」の声優として出演します。

予告動画では”棒読み”や”ひどい”等のネガティヴなコメントがありました。

 

しかし、本編を後では評価を裏返すような演技を見せています。

世間の評価が変わり始めてみます。

 

本田翼が演じる夏美は登場シーンが多々あり、重要な場面でのセリフもありました。

下手?上手い?などのコメントも含め、まとめていきたいと思います。

 

ということで今回は「天気の子の本田翼の演技(声優)は下手?上手い?夏美の名セリフシーン!」ということでまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

天気の子の本田翼の演技(声優)は下手?上手い?

予告動画が解禁されて、本田翼が演じる女子大生・夏美の声を聞いたユーザーからは少し良くない意見がありました。

 

新海誠監督は、

基本的には、帆高も陽菜もみんな、僕の声とは全然違うキャラクターになっていくんですけど、翼さんの演じた夏美がいちばん遠いところにいったと思います。

僕が予想もしないアクセントや言い方ばかり出てきたので、聴いていて皆さんも驚くと思いますし、すごく楽しいと思いますよ

引用:https://ddnavi.com/interview/549098/a/

と、語っており、本田翼の声については、

「最初に会ったときに聞いた本田さんの声の感じが僕はすごく好きでした」

引用:https://ddnavi.com/interview/549098/a/

と、語っています。

アフレコの際には、すっぴんと裸足で自然体で演技するために役作りをしていました。

 

本編を見ましたが、予想以上に夏美の演技が素晴らしかったです。

夏美の表情と声の感情がマッチして、本田翼ではなく、夏美という1人の人間として「天気の子」の世界にいました。

 

好奇心旺盛な夏美を自信満々に演じきった本田翼はさすがですね。

 

夏美の名セリフシーン!

私が思う名セリフシーンをお伝えしていきます。

 

「君のぉ、想像どおりだよ」

帆高が夏美に「事務所の方ですか?」と聞いた後に言ったセリフです。

 

「少年、名前は?」

最初に帆高に名前を聞くときのセリフです。

須賀圭介がよく「少年」と言っているので癖が映ったのかな?

 

「空は海よりも深い未知の世界なんだって。」

SNSに投稿されたムービーを見て、発したセリフです。

 

「なによそれ、稼げるって。最初に大事なのは面白いと思えるかどうかでしょ。」

帆高がSNSに投稿されたムービーを見て、「記事にすれば稼げるかも!」と言った後に返したセリフ。

 

「えっ、もらって嬉しいもの?えーとねえ、ハグとキスとー、現金とー、まっとうな彼氏とー、あ、あと、就職先!」

帆高が女性へのプレゼントを質問したときの解答です。就活ということもあり、最後に就職先と入れていました。笑

 

「白バイ隊員になろうかしらーっ!」

陽菜を探す帆高を愛用のピンクのカブに乗せて、警察から逃げている時にいったセリフです。

その後の帆高の「もう雇ってくれませんよぉ!」にはコント臭が漂ってにやけてしまいました。

 

まとめ

今回は「天気の子の本田翼の演技(声優)は下手?上手い?棒読みは狙ってる?動画も!」というタイトルでまとめさせていただきました。

本田翼も全力で一生懸命にアフレコにチャレンジしたと語っており、プロ意識を改めて感じることが出来ました。

本編のアクセントや言い方に注目してみたいですね。

 

劇場で私は「天気の子」を観たのですが、夏美を完璧に演じきっていました。

そこには本田翼ではなく、夏美がいました!

 

予告動画で何故あのセリフシーンを抜き取ったのでしょうか。

これも新海誠監督の策ですかね。笑

スポンサーリンク