天気の子は面白い?つまらない理由は?海外の反応や評価も!

スポンサーリンク

新海誠監督の最新作「天気の子」が公開されます。

前作「君の名は。」から約3年が経ちましたが、いまだに「君の名は。」のあらゆるシーンが思い出せば脳裏にすぐさま浮かんできます。

 

「天気の子」ではどのように新海誠監督が描いている世界観を見せてくれるのでしょうか。

日に日に期待が増すばかりです。

 

そこで、今回は「天気の子は面白い?つまらない理由は?海外の反応や感想も!」というテーマでお伝えしていきたいと思います。

前作「君の名は。」でも、やはり面白いのかつまらないのかネット上で意見が分かれていました。

人それぞれ感じることは違うので、自分が感じたことが正しいと思います。

 

「天気の子」でも意見が分かれると思い、そこで今回はネットの反応も交えてまとめていきたいと思います。

そして、気になる海外の反応も加えてお伝えてしていきますね!

 

スポンサーリンク

天気の子は面白い?つまらない?理由は!

2018年12月18日の「天気の子」の制作発表にて、新海誠監督はこのように語っていました。

前作が成功したおかげで、複雑さを盛り込める立場になれた。賛否分かれる要素もある。

いい映画になる確信もあり、賛否分かれる要素も取り入れている「天気の子」。

 

「天気の子」はこのようなあらすじになっています。

「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。

ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。彼女には不思議な能力があった。「ねぇ、今から晴れるよ」。少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――。

「天気の子」は自らの”生き方”を選んでいく物語になっています。

 

映像も綺麗なのですが、やはり音楽との掛け合わせに注目がいきますね。

「天気の子」ではRADWIMPSが全て担当しています。

 

面白い理由では、

・予想外なストーリー

・伏線回収

・映像が綺麗

・テンポが良い

などが挙げられます。

 

つまらない理由では、

・テンポが早すぎてキャラクターの心情が読みづらい

・現実ではありえないストーリー

・感情移入がしずらい

などが挙げられます。

実際はどうなんでしょうか。公開され次第、随時更新していきますね!

 

天気の子の海外の反応や評価は?

海外の反応や評価をまとめていきます。

 

インドでは劇場公開を求める署名が2019年4月17日時点で1万人を突破しているらしいです。

そのほかにも数々の国から劇場公開のオファーがあるらしいですが、詳しいことについては発表されていません。

 

また、海外の掲示板サイトでも多くの期待の声が寄せられていました。

前作の「君の名は。」では興行収入が250億円を突破し、アジアを中心に海外でも大ヒットを記録しています。

 

「天気の子」ではどのようになるのでしょうか楽しみですね!

 

天気の子のネット上の反応!

まとめ

今回は「天気の子は面白い?つまらない理由は?海外の反応や評価も!」というタイトルでお伝えていきました。

面白いかつまらないかは、本当に人それぞれだと思います。

1回見ただけではつまらないけど、2回目見たときは面白かったということもありますしね!

間違えなく話題になることは確かなので、ご自身の目で確認してみてはいかがでしょうか。

上映され次第、随時更新していきますね!

スポンサーリンク