海の幽霊(米津玄師)歌詞の意味と解釈!映画との関係性は?考察と感想も

スポンサーリンク

米津玄師がアニメーション映画「海獣の子供」の主題歌を担当することが決定しました。

初の映画主題歌で書き下ろした楽曲のタイトルは「海の幽霊」になっています。

 

どんな楽曲で、どんなふうに映画の世界観を米津玄師が捉えているのか、注目が集まっています。

やはり、楽曲「海の幽霊」で気になることは歌詞の意味と解釈ではないでしょうか。

原作を読んだことがある米津玄師ですが、まさか自分でもアニメーション映画の主題歌を担当するとは驚きですよね。

 

映画「海獣の子供」との関係性についても調べていきたいと思います。

考察と感想も加えて、楽曲「海の幽霊」の歌詞の意味と解釈をまとめていきますね!

 

スポンサーリンク

海の幽霊(米津玄師)歌詞の意味と解釈!

主題歌になっているアニメーション映画「海獣の子供」の予告動画はこちらです。

公式ホームページには「光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた―――。」と記載されていました。

そう、これは主人公が触れた生命の物語となっています。

 

米津玄師が「海獣の子供」を観て読んだことで、感じたことや見えた世界観と景色をどのように楽曲「海の幽霊」に落とし込んでいるのでしょうか。

また、新ビジュアルも披露され、カメラマンには「Lemon」「Flamingo」のMV監督、山田智和氏が担当しています。

 

楽曲について、2019年4月23日現在は「海獣の子供」の予告動画でも流れていませんので、発表され次第更新していきますね!

 

映画「海獣の子供」との関係性は?

米津玄師は原作を10代の頃、そのすごさに圧倒されたと語っています。

また、映像化されたときには歌を作りたいとも思っていたそうです。

 

映画の楽曲を担当するにあたって、米津玄師は以下のようにコメントを残しています。

原作を初めて読んだのは10代の頃だと思うのですが、そのすごさに圧倒されたことを憶えています。今読み返してもあの時の衝撃は全く古びず、更に新しい発見をもたらしてくれます。もし映像化されるのであれば歌を作らせてほしいなあなんていうふうに思ってたことが、今日になって実現するというのはなんとも感慨深いです。原作が持ってるものに負けないよう、それでいてうまく寄り添えるようなものが、果たして自分に作れるのかと、ここ数ヶ月は問答の日々でした。今は映画館で流れる日を楽しみにしています。

 

原作者の五十嵐大介との親交も映画の主題歌を担当する前にあったそうです。

出会いは、米津玄師が公式イメージソングを担当していたルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」での時でした。

 

五十嵐大介もコメントを残しています。

米津玄師さんと初めてお会いしたのは何年前になるでしょうか。それからの様々な人のつながりを経て、映画「海獣の子供」の主題歌を米津さんに…という話を伺った時、来るべきものが来たような、不思議な昂揚を感じました。心を高く深く拡げてくれつつ、同時に着地点を示してくれるような美しい歌に出会えて、今はただ感無量です。

 

海の幽霊(米津玄師)の歌詞は?

2019年5月10日に「海獣の子供」の予告第二弾動画が解禁されました。

歌詞の一部には「大切なことは言葉にならない」というフレーズも入っています。

星が降るように

あなたに会いたい

あの時を忘れはしない

大切なことは言葉にならない

別の日々をきたすべて

思いがけず光るのは

海の幽霊

 

新着情報!

2019年5月28日に楽曲「海の幽霊」のMVが解禁されました。

開け放たれた この部屋には誰もいない
潮風の匂い 染み付いた椅子がひとつ

あなたが迷わないように開けておくよ
軋む戸を叩いて
何から話せばいいのか
わからなくなるかな

星が降る夜に あなたにあえた
あの夜を忘れはしない
大切なことは 言葉にならない
夏の日に起きたすべて

思いがけず 光るのは
海の幽霊

うだる夏の夕に 梢が船を見送る
いくつかの歌を囁く 花を散らして

あなたがどこかで笑う声が聞こえる
暑い頬の手触り
ねじれた道を進んだら
その瞼が開く

離れ離れでも ときめくほど
叫ぼう「今は幸せ」と
大切なことは 言葉にならない
跳ねる光に溶かして

星が降る夜に あなたにあえた
あの時を忘れはしない
大切なことは 言葉にならない
夏の日に起きたすべて

思いがけず 光るのは
海の幽霊

風薫る 砂浜で
また会いましょう

Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/kenshi-yonezu/umi-no-yuurei/

 

海の幽霊(米津玄師)の考察や感想は?

 

まとめ

今回は米津玄師の楽曲「海の幽霊」の歌詞の意味と解釈を調べてみました。

楽曲については随時更新していきますね!

映画との関係性はもちろんありますし、原作者の五十嵐大介との親交も前からあったらしいです。

どんな楽曲になっているのか、楽しみな部分がたくさんありますね!

 

また、菅田将暉に提供した楽曲「まちがいさがし」がリリース配信日も決定しており、注目が集まっています。

どんな歌詞でどんな思い、楽曲するまでの道のりはどうだったのでしょうか。

まちがいさがし(菅田将暉)の歌詞の意味や解釈は?ファンの感想は?

2019.03.29

菅田将暉も米津玄師について、「人よりも目盛りが細かい」と語っています。

どんな楽曲になっているのか、楽しみですね!

スポンサーリンク