音楽

寺岡呼人の経歴は?ゆずのプロデューサー?バンドの名曲やメンバーは

寺岡呼人(てらおか よひと)という人物をご存知でしょうか。

シンガーソングライターでありながら、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、イベントオーガナイザーなど数多くの肩書きを持っています。

 

あまり知られていないと思いますが、人気アーティストゆずのプロデューサーです。

ゆずのプロデューサーを務める寺岡呼人(てらおか よひと)という人物気になりますよね。

 

そこで今回は寺岡呼人(てらおか よひと)の基本プロフィールから、自らのバンドの名曲やメンバーについての情報をまとめていきます。

 

寺岡呼人のプロフィールと経歴について

 

まずは簡単に寺岡呼人さんの経歴などの基本情報をまとめていきます。

寺岡呼人名前:寺岡呼人(てらおか よひと)

出身地:広島県福山市

生年月日:1968年2月7日

年齢:50歳(2018年現在)

学歴:広島県立松永高等学校/帝京大学文学部

 

50歳には見えない見た目です。もっと若い年齢に見えますね。

何よりも笑顔が素敵な方です。

経歴は広島県立松永高等学校卒業後、帝京大学経済学部経済学科入学に入学し卒業しています。

上京後、部屋にはレコードプレイヤーとレコードしか置いていなく、暇さえあればライブハウスやレコード屋に行き、音楽ばかりに夢中になっていたそうです。

 

寺岡呼人はゆずのプロデューサー?

 

寺岡呼人(てらおか よひと)さんはゆずのプロデューサーでもあります。

 

1997年にゆずのプロデューサーを初め、1999年にはゆずと結成したユニット「The Little Monsters Familyとしてシングル「星がきれい」をリリースしました。

シングル「星がきれい」オリコンシングルチャート6位を記録しました。

 

さらに2007年には松任谷由実、ゆずと組んだユニット「Golden Circle」「ミュージック」オリコンシングルチャート1位を獲得しました。

 

それ以外のミュージシャンと一緒に活動していたそうです。

Mr.Childrenの桜井和寿やさだまさしなど豪華ミュージシャンが挙げられます。

 

植村花菜の「トイレの神様」の音楽プロデューサーでもあります。

 

寺岡呼人のバンドの名曲やメンバーは?

 

1988年にJUN SKY WALKER(S)のベーシストとして正式加入しました。

ベーシストでありながら作詞作曲も担当していました。

JUN SKY WALKER(S)メンバー

宮田和弥(ボーカル)

森純太(ギター)

寺岡呼人(ベース)

小林雅之(ドラムス)

伊藤毅(前ベース)1988(デビュー前)脱退

 

1990年11月21日発売のシングル「白いクリスマス」ではシングルオリコンチャート1位を獲得しました。

1992年の日本武道館4日間、名古屋市民会館5日間、大阪城ホールで行われたライブではすべてSOLD OUTになったことから人気だったということがわかります。

 

しかし、1993年にはJUN SKY WALKER(S)を脱退しました。

 

JUN SKY WALKER(S)の名曲をまとめていきます。

・白いクリスマス

・歩いていこう

・全部このままで

 

寺岡呼人(てらおか よひと)の楽曲もまとめていきます。

・秘密戦隊☆ゴジュウレンジャー (feat.桜井和寿)

・落陽 (feat.竹原ピストル)

・僕は、君にもう一度恋をする

・COLOR

2018年2月7日の50歳の誕生日に日本武道館でバースデイライブを行い観客を大いに盛り上げました。

ソロ ・アーテイスト25周年を記念して2018年7月11日には「カーリングシトーンズ」を結成し、ライブ活動にさらに力を入れました。

 

自身の活動もしながら、音楽プロデューサーとしても才能を生かして活動していてすごいですよね。

 

まとめ

 

様々な活動をしていて音楽への愛が猛烈にあることがわかります。

 JUN SKY WALKER(S) やソロ・アーティストでの活動を楽しみにしています。

 

寺岡呼人(てらおか よひと)さんが作る歌詞は言葉の選びが絶妙ですよね。

歌詞が心に沁みます。

 

これからも音楽の活動を続けていき、様々な活動で頑張ってほしいですね。